セルライトについて

辞書によると、セルライトは元々はフランス語の「cellulite」に由来しており、
細胞を意味する「cellule(セルリ)」と鉱物を表す接尾語「ite」の合成語で、
1970年代に作られた造語という事です。

 

血行不良になると、皮膚の下にある脂肪細胞の代謝が衰え、
その脂肪細胞同士が付着し肥大化してしまいます。
または、その脂肪細胞に老廃物と絡み合って固まってしまいます。
他にも「リンパ液の固まったもの」など色々な説がありますが、
それらの事をセルライトと言います。

 

セルライトができると脂肪部分に厚みがでてきて、
大きくなると皮膚の表面ががでこぼこになります。
また肌の表面がオレンジの皮のように見えるため、
「オレンジピールスキン」と呼ばれたりします。

 

医学的には、セルライトが出来る箇所の脂肪とその他の箇所の脂肪では、
生化学構造的には全く違いがないと言われていますが、
美容業界・健康食品業界などでは、
主にお尻・太もも・お腹・背中・二の腕を中心に出来る、
分厚い皮下脂肪の事をセルライトと呼んでいます。

 

セルライトは男性よりも女性の多くに見られると言われており、
それに対して男性は内臓脂肪型の肥満が多いという事です。

 

そして、皮膚の表面がでこぼこになって、
表からみても明らかにセルライトとわかる状態になるのは、
かなり進行している状態のセルライトで、
実は内部では初期のセルライトが進行し始めているかもしれないのが、
セルライトの怖いところとも言われています。

 

また、一度出来あがってしまうと自然になくなる事はなく、
普通にダイエットをしても取り除くのは難しいのが厄介な所です。

 

セルライトのセルフチェック

ラ・パルレ エステ体験


[セルライトについて]/ラ・パルレでエステ体験@フェイシャル・ダイエット記事一覧

では、ご自分のセルライトの進行度をチェックしてみましょう。表面上わからなくても、レベル1や2のように内部では進行しており、レベル3のような状態になったら要注意の状態になるので、早めの対策を取らないと取り返しのつかない状況になる恐れも出てきます。レベル1外見的にはまだそんなにはわからないが、むくみが少し気になり、皮膚をねじってみるとデコボコをかすかに感じる。レベル2手で押さえたら、皮膚の状態がデコボ...